新着情報

ヴィッツレース2017.08.19ヴィッツレース2017関東シリーズ第3戦 参戦レポート

TOYOTA GAZOO Racing Nez Cup Vitz Race 2017
関東シリーズ第3戦 参戦レポート


8月5・6日、富士スピードウェイで開催された、ヴィッツレース関東シリーズ第3戦に「ネッツ静浜ASKレーシングチーム」が参戦しました。

社員ドライバーである三浦選手のレースレポートと共に、参戦をサポートさせていただいているお客様のレース参戦の様子をご紹介いたします!


<8月4日(金)練習走行日>

今回も本年度の新入社員エンジニア2名がレースメカニックとして参加!

普段の仕事とは全く異なる環境での整備作業を体験。
土曜日の予選に向けてオイル交換等、多くの作業を経験しました。



ブレーキフルードを交換している様子です。
当然便利なリフト設備はありません。



サインボードの掲示も担当しました。


<8月5日(土)予選>

今回は大人気レース、スーパーGTのサポートレースの為、ヴィッツレースのエントリー台数もいつも以上に増加!
66台のエントリーとなっています。

予選を通過できるのは45台のみ。
21台は予選落ちとなってしまう厳しい予選です。

いつもは車検場で実施する公式車検も今回は出張で実施となりました。



こちらはパドックで待っているだけで良いのですが、車検の検査官の方は猛暑の中66台チェックして回っていました。
ご苦労様です…。



安全装備やドライバーの装備品について厳しくチェックがあります。



予選開始は夕方から。
マシンの外装もキレイにして準備を進めます。



以下、68号車をドライブする三浦選手の予選レポートです。


今回も台数が多いため、予選を2組に分けての走行です。

68号車はB組。予選時間も10分と短い時間でベストタイムを出さないといけません。
他車に邪魔されないように、タイミングをずらしコースに出てアタックしました。

スリップストリームを使えず、ストレートで速度を上げることが出来ませんでしたが、2分20秒のタイムでB組17位で予選通過しました。

三浦選手は予選通過となりましたが、お客様の3台は惜しくも予選通過ならず。


予選が終わり、翌日の準備が終了する頃にはすっかり日が暮れていました。




<8月6日(日)決勝>

スーパーGT観戦の為、朝から多くのお客様が来場しているサーキット。
この日の最初のレースとして、コンソレーションレースが行われます。



当社がサポートする、21号車堤様、31号車鈴木様、147号車定方様。

21号車堤様は6番グリッド、147号車定方様は9番グリッド、31号車鈴木様は12番グリッドからのスタートです。
4周のレースを16台で競います。


 
21号車堤様がトップ争いを展開!少しのミスで順位が入れ替わる緊迫した展開となりました。



堤様が見事に3位表彰台を獲得!
鈴木様が12位、定方様が13位で完走しました。




続いて68号車三浦選手が出場する決勝レースです。

今季の予選としては後方グリッドとなる、34番グリッドからのスタートとなりますが、決勝直前もリラックスした表情が伺えます。



決勝直前のスターティンググリッドで記念撮影。
雲が多めの天候ですが暑いです。



ポジションアップを期待してエールを送ります!




以下、三浦選手の決勝レポートです。


オープニングラップでポジションアップすることが出来ました。

中盤までは混戦していましたが、ブロックしたり、タイミングをずらしてコーナーに進入して次のコーナーで抜く。と、レースらしいことが出来ました。

終盤では、前後に誰もいなくなり1人での走行になってしまいましたが、タイヤマネジメントを考えながらの走りも出来ました。

スタート順位から8ポジションアップして26位フィニッシュ!!



次戦は9月2日に開催される関東シリーズ第4戦となります。

まだまだ暑い中でのレースとなりそうです。
今回のレースでのデータを活かして、上位を狙って行きたいと思います!

LINEアプリご利用の方は、過去のレースレポートが
こちら↓からご覧になれます。

Netz Cup Vitz Race 2017 関東シリーズ 第3戦
Netz Cup Vitz Race 2017 関東シリーズ 第2戦
Netz Cup Vitz Race 2017 関東シリーズ 第1戦

〈 一覧に戻る