新着情報

ヴィッツレース2017.09.10ヴィッツレース2017関東シリーズ第4戦 参戦レポート

 

TOYOTA GAZOO Racing Nez Cup Vitz Race 2017
関東シリーズ第4戦 参戦レポート


9月1・2日、富士スピードウェイで開催された、ヴィッツレース関東シリーズ第4戦に「ネッツ静浜ASKレーシングチーム」が参戦しました。

社員ドライバーである三浦選手のレースレポートと共に、参戦をサポートさせていただいているお客様のレース参戦の様子をご紹介いたします!


<9月1日(金)練習走行日>
9月の始まりの日でしたが、秋らしい快晴のもと、午後からの練習走行の準備が行われました。
今回も今年入社の新入社員エンジニア2名が参加。
天候に恵まれて作業もはかどります。







予選に向けてサインボードの出し方も練習中。
準備が間に合わず、車両が先に通過してしまうこともありました。
ヴィッツは1周約2分20秒で走りますが、モニターでの順位確認などをしていると
あっという間です。


今回のパドック(車両整備場所)はフェンス寄りでコースも見渡せる良い場所でした。
いつもより目立つ旗の設置が出来てます。
午後からは風が強くなり、ホームストレートは向かい風。
明日の予選もこの風向きだと、スリップストリームの使い方が大きくタイムに影響しそうです。


<9月2日(土)予選&決勝>

今回は土曜日1日で予選から決勝まで行う「1デーレース」となっています。
早朝の車検から夕方の決勝まで、いつもよりかなり忙しくなります。

前日の夜から雨が降り、朝のサーキットはウエットコンディション。
しかも冬のような寒さ!
すでに雨は上がっていますが、ヴィッツの予選までに乾くのか?



今回も68号車三浦選手と、21号車堤様、31号車鈴木様、147号車定方様が参戦です。

今回のエントリーは52台。予選上位45台が決勝に進みます。


以下、68号車をドライブする三浦選手の予選レポートです。

朝9時から予選開始です。
前日夜から朝7時頃まで雨が降っていたので、ウェットコンディションになるのでは?と心配しましたが、
急激に天気が回復し、路面が乾いてドライコンディションでの走行になりました。

予選は20分間ですが50台以上が一気に出走します。
前半は多少詰まっても、他車のスリップストリームを使いタイムを出す様に走行しました。
後半では、詰まることなく走ることが出来ましたが、陽が出て路面温度、タイヤの内圧が上がってしまい、前半に出したタイムを更新することが出来ませんでした。
そんな状況でしたが、23位で予選通過となり、決勝グリッドの真ん中賞「GOOD YEAR 賞」を獲得。
新品タイヤ4本を賞品で貰うことが出来ました。



21号車堤様も35位で予選通過。
31号車鈴木様と147号車定方様は惜しくも予選通過ならず。
31号車と147号車はベストタイムが0.1秒差!
コンソレーションレースでの好バトルに期待します。




コンソレーションレースに出場するお二人。
実は定方様、今回から息子さんが参戦。初レースに挑みます。
31号車鈴木様が2番グリッド、147号車定方様が3番グリッドからのスタートです。

初レースとなった定方様がスタートを決め、2番手にポジションアップ。
その後1コーナーのブレーキングで素晴らしいオーバーテイクを決め、トップに!
しかしその後2番手の車両と接触。
その結果2台の後ろで冷静にレースを進めていた31号車鈴木様がトップチェッカー。
定方様は2位フィニッシュとなりました。


接触により足回りにダメージを受けながらも完走。
一時はトップを走行していただけに非常に悔しいですね。


サポートさせていただいている2台が1-2フィニッシュ!


午後3時半からは決勝が行われます。

68号車三浦選手は23番グリッドからスタート
朝の寒さからグングン気温が上昇し、夏のような暑さになりました。



21号車堤様は35番グリッドから。
すでに西日が強くなってきています。



以下、68号車をドライブする三浦選手の決勝レポートです。

午後3時半からの決勝スタートです。
タイヤ空気圧の設定は完全にメカニックに任せてしまい、レースに集中することにしました。

レース前半は、タイヤに負担を掛け過ぎないように走ることを心掛けてみました。
前車が、突っ込み過ぎていると分かると、釣られて突っ込まないように次のストレートで抜くなどの駆け引きが出来ました。
サイドbyサイドでコーナーに進入しながらも、接触することなくクリーンなレースが出来ました。
後半では、タイヤのグリップ力が落ちて来ても、走り方を変えて対応してみました。
安定したタイムで走ることができ、ポジションアップの18位でフィニッシュしました。
上位で車両違反の失格があった為、繰り上げで、17位が正式結果となりました。



21号車堤様もスタートから大きくポジションを上げ、27位。
ベストパフォーマンス賞には届きませんでしたが、2台とも好レースを見せてくれました。


決勝後の車両保管場。車両保管解除が遅れ、公道走行チェックが終わったころには夜になっていました。

今回で今年の関東シリーズは全4戦が終了。
次戦は12月10日に行われる「グランドファイナル」となります。
予備予選も行われる厳しいレースですが、決勝出場を目指します!

LINEアプリご利用の方は、過去のレースレポートが
こちら↓からご覧になれます。

Netz Cup Vitz Race 2017 関東シリーズ 第4戦
Netz Cup Vitz Race 2017 関東シリーズ 第3戦
Netz Cup Vitz Race 2017 関東シリーズ 第2戦
Netz Cup Vitz Race 2017 関東シリーズ 第1戦
 

〈 一覧に戻る