新着情報

ヤリスカップ&ヴィッツレース2021.10.31ヤリスカップ シェイクダウンテストレポート

ヤリスカップ シェイクダウンテストレポート

10月26日、富士スピードウェイでヤリスカップカーの初走行「シェイクダウンテスト」を行いました。
午前2本、午後2本、合計4本の走行を行いました。
※シェイクダウンとは・・・レーシングカーをサーキットで初めてテスト走行する時に使う言葉



初走行1本目と2本目は三浦選手(BPOS和田エンジニア)が担当。
そして、今年から新ドライバーとして参戦予定の大村選手(湖西鷲津店エンジニア)はヴィッツを使用して、練習走行を行いました。



2本の走行を終え、三浦選手に感想を聞くと、「ヴィッツよりパワーがあり、ストレートが早い。タイヤ空気圧の設定もヴィッツに近い方が良いかも。ブレーキパット種類により、効き具合が大きく違った為、もう少しテストが必要」とのこと。
タイムは2分19秒台まで伸びてきました。

大村選手もヴィッツで2分23秒台のタイムを出すことが出来き、はじめての走行としては順調にスタートしました。
大村選手は自分の86での走行経験もあり、スピードについては慣れている様子。



午後からの2本はドライブするクルマを入替えて開始。
大村選手の空気圧セッティングはリヤの安定する形でスタート。慣れてきた2本目は三浦選手に近いセッティングにし、走行を重ねました。
ベストタイムは2分21秒台となり、三浦選手から2秒差まで迫り、初走行とは思えない走りを見せてくれました。
「ヴィッツより乗りやすくて速い!」という感想です。

三浦選手としては慣れたヴィッツでヤリスのタイムを何とか上回りたい!とのことで、最後には何とかヤリスで出したベストタイムを更新し、維持を見せてくれました。

11月19~21日開催のヤリスカップには、大村選手が出場予定です。同時開催のFCR‐Vitzに三浦選手が出場します。

ヤリスについてはタイヤ空気圧、ブレーキ等、まだまだ研究が必要な状況です。

初戦で予選突破出来るよう、さらに準備を進めていきます!


■店舗情報はコチラ
http://www.netz-shizuhama.jp/shop/

■YouTube公式チャンネルはコチラ
https://www.youtube.com/user/netzshizuhama809
 

〈 一覧に戻る